コンテンツへスキップ

cscfgのSettingに設定した日本語が文字化けする。Base64で回避。

2011年7月28日

cscfgのSettingに設定した日本語をプログラムで読み込んでレスポンスに設定している箇所があるのですが、文字化けします。

なぜかはわかりませんが、Azure開発では度々文字化けの問題に遭遇します。

そんな時の常套手段がBase64エンコードです。

cscfgにはエンコード済みの値を設定しておいて、プログラム内では例えば下記のようなメソッドを使用してデコードします。

なお、ネット上にはBase64エンコード・デコードサイトがありますから、それを利用するとエンコード値を得るのに便利です。

    public class Base64Converter
{

public static string Encode(string encStr, string str)
{
return Convert.ToBase64String(Encoding.GetEncoding(encStr).GetBytes(str));
}

public static string Decode(string encStr, string str)
{
return Encoding.GetEncoding(encStr).GetString(Convert.FromBase64String(str));
}
}

From → .NET, Azure

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。