コンテンツへスキップ

NSMutableURLRequestでメモリリーク

2010年12月29日

Leaksでメモリリークを確認していたところ、NSMutableURLRequestでメモリリークしていることに気が付きました。使い終わったらreleaseしているにも係らずです。

setValue:forHTTPHeaderField:やsetHTTPMethod:などで。

仕方がないのでNSAutoreleasePoolを設定することで回避しました。

NSMutableURLRequestをallocしているメソッド内の先頭で、

NSAutoreleasePool *pool = [[NSAutoreleasePool alloc] init];

各リターンの直前で、

[pool release];

これでリークが検出されなくなりました。

他にも自分原因によるリークがちらほら・・・。丁寧に作ったつもりでもやはり人力、バグはついてしまうものですね。ほとんどは自分でallocした奴のreleaseし忘れでした。

From → Apple

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。