コンテンツへスキップ

フラットファイルスキーマで、フィールドもレコードもカンマで区切られているファイルを処理する

2010年9月21日

予約番号, 詳細番号, 状態, 詳細番号, 状態  (詳細と状態のセットが繰り返し)

こーんなフラットファイルを処理するという要件があります。

実際のデータは下記のようなイメージです。

100,1,”OK”,2,”NG”,3,”OK”

フラットファイルスキーマでこのフラットファイルを表現しなければなりませんが、ウィザードではムリでした。

ですので、手作業で、そしてトライ&エラーを地でいきました。

そうしたら、いい感じにXMLに変換してくれるスキーマが完成しました!

image

<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>
<xs:schema xmlns:b="http://schemas.microsoft.com/BizTalk/2003" xmlns="http://BTSProject2.FlatFileSchema1" targetNamespace="http://BTSProject2.FlatFileSchema1" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
  <xs:annotation>
    <xs:appinfo>
      <b:schemaInfo standard="Flat File" root_reference="Root" default_pad_char=" " pad_char_type="char" count_positions_by_byte="false" parser_optimization="speed" lookahead_depth="3" suppress_empty_nodes="false" generate_empty_nodes="true" allow_early_termination="false" early_terminate_optional_fields="false" allow_message_breakup_of_infix_root="false" compile_parse_tables="false" child_delimiter_type="char" default_child_delimiter="," wrap_char_type="char" default_wrap_char="&quot;" />
      <schemaEditorExtension:schemaInfo namespaceAlias="b" extensionClass="Microsoft.BizTalk.FlatFileExtension.FlatFileExtension" standardName="Flat File" xmlns:schemaEditorExtension="http://schemas.microsoft.com/BizTalk/2003/SchemaEditorExtensions" />
    </xs:appinfo>
  </xs:annotation>
  <xs:element name="Root">
    <xs:annotation>
      <xs:appinfo>
        <b:recordInfo structure="delimited" preserve_delimiter_for_empty_data="true" suppress_trailing_delimiters="false" sequence_number="1" />
      </xs:appinfo>
    </xs:annotation>
    <xs:complexType>
      <xs:sequence>
        <xs:annotation>
          <xs:appinfo>
            <b:groupInfo sequence_number="0" />
          </xs:appinfo>
        </xs:annotation>
        <xs:element name="予約番号" type="xs:string">
          <xs:annotation>
            <xs:appinfo>
              <b:fieldInfo sequence_number="1" justification="left" />
            </xs:appinfo>
          </xs:annotation>
        </xs:element>
        <xs:element maxOccurs="unbounded" name="レコード">
          <xs:annotation>
            <xs:appinfo>
              <b:recordInfo sequence_number="2" structure="delimited" preserve_delimiter_for_empty_data="true" suppress_trailing_delimiters="false" />
            </xs:appinfo>
          </xs:annotation>
          <xs:complexType>
            <xs:sequence>
              <xs:annotation>
                <xs:appinfo>
                  <b:groupInfo sequence_number="0" />
                </xs:appinfo>
              </xs:annotation>
              <xs:element name="詳細番号" type="xs:string">
                <xs:annotation>
                  <xs:appinfo>
                    <b:fieldInfo sequence_number="1" justification="left" />
                  </xs:appinfo>
                </xs:annotation>
              </xs:element>
              <xs:element name="状態" type="xs:string">
                <xs:annotation>
                  <xs:appinfo>
                    <b:fieldInfo sequence_number="2" justification="left" wrap_char_type="default" />
                  </xs:appinfo>
                </xs:annotation>
              </xs:element>
            </xs:sequence>
          </xs:complexType>
        </xs:element>
      </xs:sequence>
    </xs:complexType>
  </xs:element>
</xs:schema>

ポイントは、

  • 繰り返しのレコードなので、”レコーズ”の子に”レコード”というように2階層にしたいところですが、グッと我慢。
  • ”レコード”の Max Occursプロパティを unbounded に設定。

結果として、下記のようなXMLインスタンスに変換されます。

<Root xmlns="http://BTSProject2.FlatFileSchema1">
  <予約番号 xmlns="">100</予約番号>
  <レコード xmlns="">
    <詳細番号>1</詳細番号>
    <状態>OK</状態>
  </レコード>
  <レコード xmlns="">
    <詳細番号>2</詳細番号>
    <状態>NG</状態>
  </レコード>
  <レコード xmlns="">
    <詳細番号>3</詳細番号>
    <状態>OK</状態>
  </レコード>
</Root>

この件も半日ぐらい掛かったよ・・・

From → BizTalk

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。