コンテンツへスキップ

Windows Server 2008 で 0x800f080d 解決しました

2010年7月5日

このまえ、Windows Server 2008、WindowsアップデートでSP2インストール時に0x800f080d になっちゃって困ってました。

サポートに聞いてみたところ、だいたい下記の内容でした。

  1. システム更新準備ツールをインストールしてから、
  2. SP2をダウンロードして、
  3. インストールしてみてください。

その通りに対応してみたところ、SP2をインストールできたし、サーバーマネージャーで役割や機能が表示されない問題も治りました。

サポートに依頼する前に、米フォーラム経由でシステム更新準備ツールにはたどり着いていたのですが、そこに掲載されている修正されるかもしれないエラーコードに”0x800F080D”が無かったのでスルーしていました。

From → Windows

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。