コンテンツへスキップ

内部ネットワークにあるBizTalkのSOAP受信場所を外部に公開する

2009年1月30日
SOAP受信場所は、その仕組み上、ローカルのIISでしかホストできないんだよね。
Webサービス公開ウィザードで自動生成されるWebサイト、microsoft.biztalk.webservices.serverproxyを参照設定してるんだけれども、asmxにメッセージを受信したらそのアセンブリを使用してBizTalkメッセージボックスにメッセージを登録してるから。
 
BizTalk Serverを外部ネットワークに晒すと危ないから内部に置いておくのが普通だろうけど、そうすっと、インターネットからSOAP受信場所のasmxにアクセスするにはどうすべき?という問題が出てくる。
リバースプロキシ的な何かを設けないと。
 
ということで、ネットワーク装置やISA Serverのようなソフトでフォワードしたり、中継するカスタムプロキシWebサービスを作ったりと考えるわけだが、カスタムプロキシWebサービスのシナリオでの超楽チンなやり方が載っているのを発見した。
 
BizTalk Server で堅牢な EDI ソリューションを構築する – ファイアウォール越しのドキュメント配信
 
Webサービス公開ウィザードで自動生成されたWebサイトを外部公開用のIISにコピって、asmx.csの中身をちょちょいと変更するだけだ。
(BizTalkメッセージボックスに登録してる箇所を、SOAP受信場所のWebサービスにアクセスするようにすりかえる)
 
SOAP受信場所のwsdlからWSDL.exeツールでサーバ側雛形を生成して、SOAP受信場所をWeb参照して、左から右へそのまんまマッピングして・・・、なんつー作業はいらんのか。
 
上記リンクの記事見たことあるんだが、EDIは関係ねぇやってあまり良く見てなかったなぁ。

From → BizTalk

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。