コンテンツへスキップ

AdministratorsグループなのにTS CAPに拒否られるのはなぜ?

2009年1月5日
接続認証ポリシー(TS CAP)にもリソース認証ポリシー(TS RAP)にもBuiltin\AdministratorsグループをオールOKにしてる。これは、TSゲートウェイをインストールするときに初期値のままやるとそうなる。
 
そんな状況下で、当然、Builtin\AdministratorユーザーはBuiltin\Administratorsグループに属しているしインターネットからTSゲートウェイにログオンできる。
Builtin\Administratorユーザーの他に、例えばkameってユーザーを作ってそいつをBuiltin\Administratorsグループに追加してみるとTSゲートウェイにログオンできない。
 
なんで?
 
リモートデスクトップ接続で、TSゲートウェイのユーザーアカウントにkameを入力すると
image
ターミナルサービスの接続認証ポリシー(TS CAP)により、リモートコンピュータへのTSゲートウェイ経由の接続が遮断されています。うんたら
 
エラーになっちゃう・・・。
 
以下、回避方法というかなんというか、こんな状況はオレだけなのかもしれないが。
kameに別のグループ(例えばBuiltin\Remote Desktop Users)を追加し、そのグループをTS CAPとTS RAPで許可したらログオンできた。
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。