コンテンツへスキップ

Windows Home Serverセットアップしてみた

2008年11月17日
Windows Home Serverを入手したのでセットアップした。
 
古いノートPCにインストールしようとしたんだけど、HDDの容量不足でインストーラに弾かれた。
システム要件では、80GB以上となっているけど、エラーメッセージでは70GB以上必要です、だったような気がするが気のせいだったかな。
他にマシンも無いので、Virtual Server にしてバーチャルハードディスクをそれより大きくして、誤魔化した。
 
セットアップが一通り終わってから、そのノートPC、頻繁にブルースクリーンになっちゃうことを思い出した。
だから、使わないで放置してたんだった。
仕方がないので、WS2008が入ってる別のノートPC上のVirtual Serverに移そうと、14GBぐらいのWHSのVHDをコピーしようとするんだが、コピー途中でブルースクリーンになっちゃうし。
3回ぐらいそれを繰り返して、やになった。
 
チェックディスクをやってみた。
4/5の途中でフリーズ。
電源切る。
 
なんとなくセーフモードで。
ドライバ読み込みの途中でフリーズ。
電源切る。
 
通常起動はできた。
メモリのチェックをやってみた。
問題なし。
 
コレでダメなら諦めよと、ラスト1回コピーを試してみると・・・
なぜか、コピー中ブルースクリーンにならずにもってくれた。
よかったー。
 
いずれ、専用機を買わないとな。

From → Windows

One Comment
  1. 松太郎 permalink

    Virtual Serverだからだろうか、
    メモリ割り当てが少なすぎるからだろうか
    レスポンスが悪すぎて使い物にならねー
     
    しかし、
    バーチャルマシン追加機能をインストールしたところ
    劇的に改善!!
     
    サクサク動く!
     
    バーチャルマシン追加機能って、マウス操作が楽チンになる程度だろうという認識だったけど、
    こんなにもレスポンスが改善されるとは!
     
    初めて知りました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。