コンテンツへスキップ

いろんなライセンスだらけでよくわからんよね

2008年7月23日
WS2008用のTSライセンスの説明がリリースされてた。
基本的にWS2003の時と変わらんよということ。
あ、ただし、WS2008からの新機能であるTSゲートウェイの使用ライセンスについて追加されてた。
 
サーバー製品のライセンスはもちろん。
TS CALとかWS CALとか SQL CALとかの、サーバー製品にクライアントがアクセスするためのライセンスとか。
WindowsクライアントOSのライセンスとかOfficeなどのアプリケーションのライセンスとか、ボリュームライセンスとか単品のライセンスとか。
 
いろいろありすぎ。
 
確かいろんなライセンスを一元管理できるサーバ製品ってなかったっけ?
その製品も、CALとか言い出すのかな?
One Comment
  1. けろ-みお permalink

    >確かいろんなライセンスを一元管理できるサーバ製品ってなかったっけ?Microsoft System Center Configuration Manager に、その機能ありますよー昔のSMS(System Management Server)のことですけどね。もう10年ぐらい前からあって、ライセンス管理にも使ってました。確かに、SMS自身もCALライセンスはありますね(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。